分野別解決事例

タウン&シティ法律事務所では、各分野に精通した弁護士が、問題解決へ導きます。

特に「離婚・相続・不動産」のお悩みに関して、下記に専門サイトをご用意しております。

 

離婚問題でお悩みの方へ

タウン&シティ法律事務所では、離婚に詳しい女性弁護士が離婚問題を解決します。
詳しくは離婚サイト解決事例へどうぞ
  • 離婚すべきかどうか悩んでいる
  • 相手が離婚に応じてくれない
  • 離婚後の生活が心配 
  • 離婚後、子供がどうなるか心配                
離婚に関する詳しい情報は専門サイトへ

相続問題でお悩みの方へ

タウン&シティ法律事務所では、遺産分割・遺留物相談に詳しい弁護士が問題を解決します。
詳しくは相続サイト解決事例へどうぞ。

 

  • 遺言書の作成方法がわからない。
  • 相続問題を「争続」にしたくない!              
  • 自分の意思通り、相続をさせたい!
相続に関する詳しい情報は専門サイトへ
 

不動産問題でお悩みの方へ

タウン&シティ法律事務所では、不動産問題に詳しい弁護士が問題を解決します。
詳しくは不動産サイト解決事例へどうぞ
不動産やローンに関する詳しい情報は専門サイトへ

解決事例(事例を一部ご紹介致します)

2012年~2013年度にかけての横浜市及び横浜市以外の神奈川県内の受任件数

横浜市   260件以上
横浜市以外の神奈川県内 35件以上 

【交通事故】交通事故の後遺障害等級認定で和解が成立した事案

交通事故の後遺障害等級認定で、自賠責の認定が11級、労災の認定が9級だった事案で、訴訟提起の結果、9級を前提とした和解が成立した事案

ご相談内容

交通事故の被害に遭われた石川さん(仮名)からご相談を受けました。

石川さんは、交通事故で腕等を怪我し、後遺障害が残りました。自賠責の認定では後遺障害等級は11級でしたが、石川さんが労災でも後遺障害等級を認定したもらったところ9級と認定されました。加害者側の保険会社は、11級を前提とした和解案しか提示してこなかったため、示談交渉がうまく行かず、当事務所相談にいらっしゃいました。

解決方法

私たちは、後遺障害9級を前提に損害を計算し、損害賠償請求訴訟を提起しました。裁判の中で、被告側は後遺障害の等級認定は11級が妥当との主張を展開しましたが、私たちは、事故後の治療経過を看ても本来認定されるべき症状が自賠責の等級認定においては認定されていないこと、書面審査のみの自賠責の等級認定よりも、実際に診断をして審査を行う労災による等級認定の方が信用性が高いことを主張しました。
 
裁判は、双方が主張立証を尽くし、尋問手続を経て、裁判官より9級を前提とした和解案が提示されました。その後、被告側は控訴をしましたが、後遺障害の等級認定については9級を前提とする判断が維持されました。

後遺障害においては、労災による認定と自賠責による認定とが食い違った場合、保険会社は自賠責の等級認定の方が等級が低く、労災の等級認定が高い場合には、示談交渉時点で労災の等級認定を前提とした和解には応じようとしないケースが多いです。

しかし、裁判手続きになった場合、裁判所は労災の等級認定をより信用性が高いとして、労災の等級認定を採用することもありますので、本件のような場合には訴訟提起をしていくことがより適正な損害回復につながる場合もあります。

交通事故

交通事故に遭い、高次脳機能障害となり、事故から約一年後にガンの再発により亡くなった被害者の遺族が損害賠償請求した事案で、ガンで死亡したのは交通事故により高次脳機能障害となったことにより、適切な治療を受ける判断が出来なかったからと主張し、死亡したことについての損害についても、一部認められた事案。

交通事故の加害者が無保険で資力もないという事案で、後遺障害を負った被害者が、政府保障事業への請求により、傷害及び後遺障害についての損害のてん補がなされた事案。

弁護士法人 タウン&シティ法律事務所 関内駅から5分 日本大通り駅から1分

神奈川県横浜市中区日本大通
14KN日本大通ビル(旧横浜三井物産ビル)2階

045-650-2281 受付時間平日9時~21時

copyright (c)2014 横浜弁護士会所属 弁護士法人タウン&シティ法律事務所 All Rights Reserved